硯山重福寺に残されている、頼朝伝説を紹介します。
治承四年(1180)反平家の兵を挙げた源頼朝は、相模の石橋山の戦いに敗れ真鶴岬から小舟で逃れ、安房国平北(へいほく)郡猟島(かがりしま)現:鋸南町竜島に上陸して再挙を図ったという史実はよく知られています。

本 堂

言い伝えによると、源頼朝公がこの寺に立ち寄ったとき、書状を認めるために「硯と筆」所望しました。その時だされた「硯」の余りの素晴らしさに痛く感激され、この寺に「硯山」という山号を賜ったそうです。その折、筆をこの槇におかれたことから通称「筆掛の槇」とも呼ばれています。

長福寺の槇

千葉県指定天然記念物

長複寺
硯山

場所:夷隅郡大原町下布施

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO